施設基準のメインビュー

施設基準

施設基準

医療法で定める医療機関および医師等の基準の他に、健康保険法等の規定に基づき厚生労働大臣が定めた、保険診療の一部について、医療機関の機能や設備、診療体制、安全面やサービス面等を評価するための基準になります。
当院では、以下の施設基準を厚生労働省に届出を行い、認定されています。

基本診療料の施設基準

歯科医院における外来診療の院内感染防止対策に係る研修を定期的に受講している常勤の歯科医師による診療を行なっております

救急時の安全対策や感染症対策など、患者様により安全で安心できる医療環境を完備しております

歯科外来診療医療安全対策Ⅰ(外安全)

偶発症に対する緊急時の対応、医療事故対策等の医療安全対策に取組んでおります

感染経路別予防策及び新型インフルエンザ等感染症等に対する対策・発生動向等に関する研修を毎年行っている歯科医師が在籍しております

特掲診療料の施設基準

小児から高齢者まで幅広く患者様の口腔機能の予防・改善・管理を図っております

高血圧や心疾患、脳血管障害、ぜんそく、糖尿病など、基礎疾患を持つ患者様に対して、血圧、脈拍、経皮的動脈血酸素飽和度を診療前と診療中に測定して治療中に医学的管理を行った場合に算定されます

歯科訪問診療において、歯科治療時に患者様の全身状態の変化等を把握する為に血圧、脈拍、経皮的動脈血酸素飽和度を経時的に測定し、必要な医療的管理を行った場合に算定されます

通院が困難な患者様へ訪問診療を行い、患者様の同意のもとで治療情報が各保険医療機関で共有されおり、迅速かつ適切な歯科診療と連携体制が整備されています

当院では外来診療の他に訪問診療も行います

咬合力計を用いてを咬合力及び咬合圧を測定することにより、口腔機能の低下が疑われる患者様に対して、機能維持・改善を効果的に行います

顎関節症治療用装置(スプリント)を装着する患者様に対する指導または訓練を行います

当院ではCTと手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使った根管治療を行います

根管治療の完治が難しい場合は抜歯の選択肢があります。その場合抜歯せずに歯を残す治療法が手術用顕微鏡を用いた歯根端切除手術を行えます

レーザー機器加算(手光機)

口腔内の軟組織の切開、止血、凝固及び蒸散を行うことが可能なレーザー機器を使用した治療を行います

再発性アフタ性口内炎の小アフタ型病変に対してレーザー機器を備えた治療を行います

う蝕歯即時充填形成(虫歯を削って詰め物を入れる)に対しレーザー照射により無痛的な治療を行います

歯肉剥離掻爬手術または歯周組織再生誘導手術において、歯根面の歯石除去を行うことができるレーザー機器を用いた治療を行います

当院には常勤の歯科技工士及び歯科技工室があり、患者様にあわせて技工物や迅速な義歯の修理を行う体制が整備されております

保険適用内のセラミックと歯科用レジンを合わせた素材の補綴物(被せ物など)を使用した治療を行います

金属歯冠修復・チタン冠・レジン前装金属冠・レジン前装チタン冠・CAD/CAM冠を使用した補綴物を長く快適に使い続ける為の管理を行います

2024.6.1現在

院内案内