虫歯治療

虫歯とは

虫歯とは、お口の中にいる「ミュータンス菌」が糖を分解して出す「酸」によって歯質が溶かされ(脱灰)歯が崩壊していくことです。ミュータンス菌は砂糖を分解してベタベタした粘着性物質(デキストラン)を作り出します。



このベタベタによって、食べカスが細菌と一緒に塊となり、歯につくのが歯垢(しこう=プラーク)となります。この歯垢中のミュータンス菌が砂糖を分解して酸を作りだし歯の表面を溶かすことによって、むし歯がはじまります。

虫歯の進行状況

虫歯の進行状況C1では自覚症状がないため気づきにくく、C2ぐらいから、しみたり痛みが始まります。C3になると根管治療が必要になりC4では抜歯の処置が必要になる場合があります。定期健診にお越し頂くと、ご自身では気づきにくい初期虫歯のC1で処置を行い悪化を防ぐことが可能です。

虫歯の出来る原因について

虫歯は、次の4つの重要因子が無いとできません。

虫歯の出来る原因

「歯質、食物(糖類・特に砂糖)、細菌、時間」、この4つがそろった時に虫歯ができやすくなります。できるだけ、このような条件を避けることで虫歯になりにくくなります。

歯質

歯には細かい溝やデコボコがあり汚れが溜まりやすく、歯質が弱い・歯並びが悪いなどの個人差によって虫歯になるリスクが高くなります。

食物

いわゆる食べカスのことですが、特に砂糖がむし歯菌の餌となり酸を放出して歯を溶かします。

細菌

お口の中の常在菌のことで、特に虫歯菌(ミュータンス菌)が主な原因菌となります。

時間

時間の経過とともに細菌が出す酸に歯質が溶かされていきます。特に食後はお口の中が酸性に傾きます。

虫歯治療の進め方について

Step1 お口・歯の全体を確認させて頂きます

症状をお聞きしますご来院された理由をお伺いします。症状が出ている箇所や、お口全体・レントゲン撮影した画像と合わせ状態を確認し、状況のご説明・治療計画をお話いたします。

Step2 治療の開始します

状態を確認しますこの例では歯茎が下がってきてしまった為、銀歯(詰め物)と歯茎の間に隙間ができ、虫歯になってしまいました。そのため一度、被せている銀歯を取り外し内部の状態を確認します。

Step3 内部の治療を行います

内部の治療を行います内部を状態を確認し虫歯が奥まで進行している場合は治療を行います。その後、削った部分の穴に土台と呼ばれる金属の柱を埋め込み補強します。その後、新たに被せる銀歯の象りを行います。

Step4 銀歯の製作いたします

銀歯を制作します象りさせて頂いたものから専門の歯科技工士が、それぞれの患者さまにぴったり合うよう一つひとつ丁寧に銀歯をお作り致します。

Step5 銀歯を被せ治療の完了です

銀歯を被せ完了です新しい銀歯が出来上がりましたら高さ調整や咬み合せの確認を慎重に行い接着して治療完了です。

なお、定期的な予防処置を行うことで虫歯や歯周病を防ぎ、入れ歯になるリスクを防ぐことが出来ます。

レーザー症状について

患者さまの負担軽減や不快感を抑えるため、一部治療に最新のレーザー機器を導入しています。

レーザー機器

軽度の虫歯であればレーザーで除去したり、歯の中の殺菌や口内炎の治療に大変効果があります。治療中は音や痛みが殆どなく治療後の痛みを和らげる効果もあります。

麻酔について

痛みをともなう治療の時には麻酔を使用しております。治療の内容や症状に応じて、部分的な麻酔や広範囲の麻酔などを使っていきます。
しかし、腫れや化膿が強い場合や個々の体質によっては、麻酔が効きにくい場合があります。 但し、治療の中で神経の反応をみることがあり、あえて麻酔を使用せず治療をする場合もあります。

歯科治療に不安、恐怖心が強い方へ

ある程度の恐怖心や不安感を取り除いて治療を行う「笑気吸入鎮静方法」をお申し出により、ご利用して頂けます。

麻酔器

鼻から吸う麻酔ガスで緊張をほぐし痛みも感じにくくなります。

笑気とは?

亜酸化窒素(N2O)のことで全身麻酔に使用される麻酔ガスの一種です。緊張が解け顔の筋肉が緩みニコニコと笑った表情になるようなガスということから、「笑気」と名前がついたと言われています。
笑気吸入鎮静法はその名のとおり、吸入し鎮静させる方法なので全身麻酔ではありません。 簡単に言うと眠い時や酔ってぼ~っとしたような感覚が近いでしょう。

適応ケース

不適応ケース

使用の流れ

笑気吸入鎮静法Q&A

笑気ガスには副作用はないのでしょうか?
笑気ガスは体内で分解されることなく、肺呼吸でそのまま排出され体に残らないので体に負担をかけることはありません。

保険は効きますか?
保険適応になりますが、使用時間によって金額が変わります。